ベビーシッターとリフォームの在り方

subpage1

リフォームをする方の多くが車いすを家の中でも使えるようにする為に入口が広い風呂場にする、階段昇降機を設置する改造です。

しかし、ベビーシッターにおいてもリフォームをすることは利点があります。
ベビーシッターでリフォームをするべき理由は次の3点です。

1、危険な場所への立入りを制限できる2、万が一家具や家電が転倒した場合をシミュレーションできる3、遊ぶ場所とごはんを食べる場所は違うことを子供に体験してもらうことができるそれぞれを具体的に検討していきます。



1、多くの危険があるのがキッチンです。


刃物やガスコンロなど重大な事故に発展する可能性があるものが多い場所へは立入りを制限する為にフェンス等を設置すると良いでしょう。大人がぶつかっても壊れることがない丈夫な素材で固定すると良いです。2、地震などの自然災害が発生した場合に家具や家電が転倒する可能性が高い為、事前に固定をすることで防ぐことができます。

またベビーシッターで転倒した場合に崩れてくることがないようにすることも求められます。3、遊ぶ場所とごはんを食べる場所は違うことを自宅で子供に体験してもらうことで、外出先でも困る心配がなくなります。

例えば、おもちゃの有無、テレビの視聴の有無などで明確に区別することが必要です。



ベビーシッターにおけるリフォームは大がかりな改修工事は一般的には必要はありません。



安心安全を強く求めらることになるだけです。

全ての人が快適に生活をする為には絶対に行わなければならないことです。